帝塚山地区を歩く・・・

天王寺駅・・・・・・・・・・・JR地下鉄御堂筋線
天王寺前駅・・・・・・・・・阪堺電気鉄道
大阪阿倍野橋駅・・・・・近畿日本鉄道

やっと帝塚山にいけました。雑用でのびのびに・・・・まずは天王寺駅から・・・・
天王寺駅といっても、JR・地下鉄・近鉄・阪堺と4つの鉄道の乗降口です。駅名は微妙に違っていますので、待ち合わせは要注意です。

さて、天王寺駅から帝塚山へ行くにはチンチン電車(阪堺・・)に乗ります。路面電車ですが歩道から駅には行けません。陸橋から降りて駅にいきます・・・・少し不便・・・
でも、陸橋上からは遠くに大阪のシンボルである通天閣がみえます。
梅田地区同様に、この駅も工事中の大型クレーンがクルクルと空を回っています。
近鉄デパート阿倍野店も増築工事中です。

e0041168_1023145.jpge0041168_10241236.jpg












阪堺電車は昔懐かしい市電タイプ・・・車の間を真っ直ぐに突き進んで行きます。
5~6駅目の「帝塚山3丁目駅」で下車・・・東へ行けば万代池公園・・西へ行けば住宅街です。
e0041168_10305698.jpg


これからの案内は森まゆみ著「大阪不案内」に頼ることにします。

「いよいよ帝塚山中町、豪邸街に入っていく。敷地いっぱいにタイルなどでゴツイ家を建てている。どこの家も警備会社のマークとかカメラがのぞき、塀の上には尖った柵や・・・」

「警戒心も強いが、どこの家も流行のガーデニングをよくやっている。花の咲き乱れている家も多い。手入れが大変だろうと思う・・・」

e0041168_1043962.jpge0041168_10433864.jpg











「明治18年、阪堺鉄道(のちの南海電鉄)や上町線ができ、船場辺りで成功した人が別荘を建て始めた。何千坪という邸もあったという・・・・」   本より抜粋・・・・・・

さて、私はというと、住宅街をわき目も振らずに「帝塚山学園」に向かいました。レンガ造りのお洒落な校舎。
幼稚園から大学まで一環していますが、大学は少し離れた所にあります。
校庭からは女学生たちの明るい声が聞こえてきました。
この学校が芥川作家の故・庄野潤三さんのご尊父が造られた・・・
e0041168_10574639.jpg

すぐ近くに、南海高野線「帝塚山駅」があります。その西には「帝塚山古墳・・5世紀ごろの全長約120mの前方後円墳」があります。
住宅街を歩いていて、ヘンなことに気がつきました。自転車が多いのです。行き交う人は自転車に乗っている人が圧倒的に多い。普段の移動は車ではなく、自転車なのですね・・・・ヘンな事に感心しました。

チンチン電車の「姫松駅」近くの洋菓子屋「ポアール」でランチを・・・この駅の周辺にはレストランやジャズバーなどの店が目に入ります。本当に閑静な所でした。
                             ポアール2Fより・・・・
e0041168_1193750.jpge0041168_11162840.jpg










e0041168_11115970.jpge0041168_11183126.jpg










ここからは寄り道編です・・・・・・その1
帝塚山から少し北の「北畠駅」・・・・西へ歩くと「阿倍野神社」があります。
e0041168_11225066.jpge0041168_11231678.jpg












後醍醐天皇の信任が厚く「後の三房」と称された北畠親房公と長子の顕家公をお祀りしています。
北畠顕家(あきいえ)公は、後醍醐天皇の要請を受け南北朝時代に東北軍を率いて激しく戦いました。
堺・石津の戦いで若干21才で壮烈な戦死をする。三重県美杉に顕家公神社があります。

幸いにも、阿倍野神社の中塚宮司に車で次の目的地「北畠公園」まで送って頂きました。大きな公園の一角に「北畠顕家公の墓」があります。宮司から昔はこの公園は墓地であったと教えて頂きました。
e0041168_12195893.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
寄り道編その2・・・「松虫駅」近くの探索です
地名になっている松虫は、後鳥羽院に仕えた女官・松虫に因みます。謡曲「松虫」の舞台であり、小野小町が住んでいた地でもあります。今も「松虫塚」が大切に保存されています。
e0041168_1146917.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
寄り道その3・・・・阿倍清明神社・・・
松虫塚を東南に行きますと「阿倍清明神社」があります。今も人気があるようで、若い女性達がお参りに来ていました。
平安時代の陰陽師・・・・阿倍清明が誕生した所といわれています。
e0041168_11525480.jpg
e0041168_1153331.jpg











e0041168_11542441.jpge0041168_11543922.jpg










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回は懐かしいチンチン電車の旅でした・・・・・
e0041168_14275554.jpg


そのチンチン電車も存続について真剣に話あわれています。
大阪で最後の市電、なんとか残れば良いのですが・・・・・
[PR]
Commented by vimalakirti at 2009-11-05 13:40
こんにちは。
117kさま、帝塚山をご案内いただきまして、ありがとう
ございました。出発点の天王寺駅について、改めてよく
理解できました。というのは、去る9月、初めて大阪で
知人と待ち合わせして、天王寺「駅」で降りた私は、
そこが出口と思っていたので、知人と出会うまで、往生
しました。東京下町住人の森まゆみさんが大阪についても
本を書いていらっしゃったのですねぇ。
Commented by youshow882hh at 2009-11-05 23:21
こんばんは。 ゆーしょーです。
和歌山市に住む者にとっては、天王寺駅は南海・難波駅とともに親しみがあります。
さて、天王寺駅、JRだけでも広いですよね。
近鉄阿倍野店、また増築ですか?
大きくなるばかりですね。
かつては大阪市内を東西南北に張り巡らされた市電ですが
今は阪堺線だけしかないのですね。
私の親友が阿倍野区に住んでますので阪堺線を利用しています。
寄り道その3までもあるきょうちゃんの力作、とても読み応えがあり
色々勉強することが出来ました。
Commented by 117k at 2009-11-07 09:58
vimalakirtiさんへ・・・
天王寺をよくご存知ですね。
天王寺駅・・特にチンチン電車に
乗るのは階段が多くて大変です。
待ち合わせも間違うでしょうね。

森まゆみさんの本は読みやすくて
切り口が好きです。下町育ち・・と云うのも
親しみあっていいですね・・・
Commented by 117k at 2009-11-07 10:04
youshow882hhさんへ・・・
近鉄阿倍野店は日本で一番高いデパートに
変身するようです。

もう阿倍野区はよくご存知ですね。
阪堺線がいつまでもあればいいのですが・・・
寄り道編では私も初めて知ったのが
阿倍清明の誕生の地だと云うことと、
小野小町が住んでいた地と云うことが
わかりビックリでした。歴史は奥が深いので
難しいです。
by 117k | 2009-11-05 12:28 | 街角散策 | Comments(4)