歩きの途中で・・・

今日は・・・どしゃぶりの雨らしいのですが・・・只今9時58分・・・少し降ったりやんだりです。

歩きの途中で・・・・今はあまり庭では見かけなくなったタチアオイ(立葵)・・・

e0041168_9591085.jpg花弁の根元が粘着質であり、引き抜いた花弁を顔などに付けてニワトリを真似て遊ぶことができるため、北海道の一部ではコケコッコ花、コケコッコー花などと呼ばれる・・と資料に出ています。

・・・・・・・・・・・・・・・
面白いですね・・・昔は自然に目を向けて遊んだり学んだりしていたのですね。

この他にも・・・白・ピンクなどがありますね。
[PR]
by 117k | 2008-06-29 10:05 | 街角散策 | Comments(12)

蒸し暑さで身体も花も弱りそうな気配の今日この頃です。

今日は2年前に植えました・・・・姫シャラの花(夏椿)が咲きました・・・・
姫シャラ・・と言われるだけあって少し小ぶりの花ですが涼しい感じです。
e0041168_9484910.jpg


以前にもUPしましたが・・・・・今年もハンゲショウの花期がきました・・・・
e0041168_1081992.jpg二十四節気では・・・・夏至(6月21日)から数えて・・10日ないし11日目を・・・
半夏生と言います。
この半夏生は、天より毒を下す日・・・・漢名から附けられているそうです。
開花ももうすぐです。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この他・・・・・今の庭で変り種・・・
e0041168_1015252.jpg

e0041168_1018147.jpg↓ジャコウソウの花e0041168_1019936.jpge0041168_1019936.jpg
[PR]
by 117k | 2008-06-27 10:22 | マイガーデン | Comments(12)

今年の春・・・「伊賀上野緑ヶ丘地誌」が出版されました。「弥生から現在」までを克明に書かれています。地誌によりますと・・・緑ヶ丘は江戸時代には野畠とよばれ、明治8年からは上野村に変わり太平洋戦争末期に伊賀海軍空港基地が建設されました。

今日はその海軍航空基地を調べてみました。
航空基地の地図・・・クリックして見て下さい・・・
e0041168_1112573.jpge0041168_1115697.jpg



最初は大空にあこがれる青少年を育成するためのグライダー訓練場が昭和17年11月に東野畑台地に完成。上野市・津市・松阪市・四日市市・桑名市・宇治山田市・阿山郡の青年学校・国民学校職員40名が指導養成を目標に訓練を行った。

その後、第二次世界大戦の末期・・・今の伊賀市緑ヶ丘町に日本海軍は本土決戦に備え、航空基地の建設に着手した。昭和18年に測量開始・・・・・やがて滑走路や周辺整備の作業に、学生や近隣住民が連日動員されました。
基地は24000坪に及ぶ広大な面積。地域内には21軒の農家があり移転となりました。昭和20年5月には第1001海軍航空隊・福地派遣隊が着任。物資の輸送を行うと共に実践にも参加したようです。

今もこの時の滑走路が生活道路として残っていました。
e0041168_1050638.jpg

滑走路は・・・・・・現在の緑ヶ丘中学校、東小学校、安永(株)の線上に作られました。
その長さは・・・・・1200mの直線です。

戦後の伊賀海軍航空基地は・・・・・・・
昭和20年9月1日現在の保育機種・数量は零戦2機、彗星1機、彩雲1機、一式陸攻4機、零式輪1機、九三中練1機、90機練1機、白菊2機、陸軍機3機の16機と記録されています。軍用機は後日・・米軍マイケルウイルソン軍曹らに爆破処分されました。
兵器、弾薬などは大阪や第二鈴鹿基地へ輸送されましたが、金善池や七ツ池へ相当量投棄されたとも記録されてます。

今の池の状態は・・・・・
七ツ池・・・             金善池・・・・
e0041168_11135998.jpge0041168_11145391.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私もこの地方へ越してきて〇〇年になりますが、散策する中で戦争時代に作られた滑走路の跡が今も生活道路として残っているとは知りませんでした。
戦争は二度と起こってほしくないものですが、過去のことを知ることも大事かと思い調べました。
[PR]
by 117k | 2008-06-24 11:20 | 街角散策 | Comments(10)

成長しました・・・・

アイガモ農法・・・もう一度・・・・・・
あれから・・・稲も生長しています。
アイガモさんも大きくなったのですが・・・・・見えずらくなって来ました。

e0041168_8364822.jpg


美味しいお米が食べれますように・・・・・・
[PR]
by 117k | 2008-06-23 08:37 | 私の雑記帳 | Comments(10)

花が咲きました・・・

先日UPしましたマタタビのが咲きました・・・・

素朴ですが、いい香りがしました。スズラン??ヒヤシンス??・・・香水にしたいくらいの爽やかで嫌味の無い香りです。

e0041168_853544.jpge0041168_854899.jpg











e0041168_8565082.jpg家猫のミィーチャンは最初は喜んで遊んでますが・・・後はしらんふり・・・

ミィーちゃんとの楽しいひと時です・・・・
[PR]
by 117k | 2008-06-20 09:00 | 珍しい木 | Comments(10)

この度の岩手・宮城内陸地震は町よりも山の地震・・・山の崩落を見て地形の変化の大きさに唖然としました。早く復旧出来ますよう願っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨年、旅行先で泊まった海沿いのホテルの住所が「静岡県焼津市大崩」でした。そのホテルの総支配人に地名の由来を尋ねたら・・・「大昔に大地震があり周辺の山が崩壊した。その事を忘れない為に付いた名前と伺っています」とのことでした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回は日本に通つている活断層をすこし調べてみました。
(大鹿村中央構造線HPより)
e0041168_912823.jpg

先日、A新聞に「6活断層、重点観測へ」と云う記事が掲載されてました。
全国約100ヶ所の活断層・・・活断層による直下型地震は、東海・東南海・南海などの海溝型地震と違って発生間隔が1000年以上と長く、予測や防災対策が難しい。
糸魚川ー静岡構造線(長さ約150k)、中央構造線(長さ約360k)などの長大な活断層帯を文科省は重点的に調査・観測すると云う内容でした。
この記事が出て、しばらくして今回の「岩手・宮城内陸地震」が発生しました。
出来る範囲の自己防衛を心がけないと・・・と地震の度に思うのですが・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
伊賀地方の地震を調べてみますと・・・・

大地震は何度かあり、特に寛文(1662年)5月と寛永4年(1707年)さらに嘉永7年(1854年)6月13日の大地震は上野城周辺に多く被害をもたらしました。この11月に年号が安政と改められ・・・安政の大地震とも云われています。

資料によりますと・・・・
伊賀地方には、右横ずれ断層である木津川断層帯(活動度B)が北東-南西方向に延びている・・・と記されています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近放送されるようになつった地震情報の映像・・・今回は震源地では4秒後に起こっています。もう少し早く伝わるようになればいいのですが・・・・・
[PR]
by 117k | 2008-06-18 09:25 | 私の雑記帳 | Comments(14)

雨上がりに・・・・

梅雨の合間の天気にはお洗濯とか衣類の整理・・いろいろと忙しいです。
気温もあがり、少し初夏の香りがしてきました・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は雨上がりに一番綺麗な紫陽花を楽しみました。
ブルーと白の紫陽花は咲くのが少し遅いようです。もう少し待つことにしましょう・・・

e0041168_9224090.jpg

e0041168_923987.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日も楽しい日を過ごせたら幸せですね・・・・117k
[PR]
by 117k | 2008-06-17 09:27 | マイガーデン | Comments(4)

昔の面影を今に・・・・

昨日は宮城と岩手にかけて大きなM6強の地震がありました。このところ、日本中で揺れ動いているので・・・怖い気がしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日は、伊賀の史跡でもあります・・・・白拍子の滝大川地蔵(大魔崖仏)を散策です・・・

e0041168_12363951.jpge0041168_12373087.jpg←左側・・白拍子橋・・・・右・白拍子の滝(静御前の滝)・・・(この橋を渡って右の方向にあります)
鎌倉時代の初期、源義経が兄の頼朝の追討を逃れる為、吉野より京の都へ密かに旅をする身である義経の跡を追って、白拍子(静香御前)が義経の無事を祈り・・・・この滝に打たれ祈願したと言われています。
資料より・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

e0041168_1250917.jpge0041168_12503137.jpg












e0041168_12511051.jpg予野川に沿って下り、白拍子橋を渡って名張川との合流点に川に突き出た大きな岩があります。これが伊賀で一番大きい魔崖仏(大川地蔵)です。左の写真はその仏さんの部分です。
すぐ上流には「地蔵の渡し」と呼ばれる船渡し場があり、大和と伊賀を往来する人たちの安全を祈願して造られたらしいのです(資料より・・)。
今は確認できないですが、川を見ていると面影が見えてきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
前回・・・UPしました静御前にまつわる話としても、興味があります・・・・・・
[PR]
by 117k | 2008-06-15 13:03 | 街角散策 | Comments(11)

頂き物・・・・

今年は山野草を見る機会が多く、友人より珍しい山野草を頂きました。
ヒトリシズカは花穂が1本・・・・・フタリシズカは花穂が2本です。

ヒトリシズカ・・・・・・
e0041168_8224816.jpgまだ今年は花を見ることが出来ませんが楽しみです。 ↓ 花のイメージです。
e0041168_8234951.jpg








もう一つは・・・フタリシズカ・・・・・・
e0041168_8261580.jpgこの花はよくご存知だと思いますが・・・花の時期が終わったので、来年に期待して・・・↓ 花ノイメージ
e0041168_8285464.jpg







・・・・・このフタリシズカは・・ブログで花を綺麗に撮られている方のところでも・・どうぞ・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
一人静(ヒトリシズカ)伝説より・・・・・

兄の頼朝と不仲になった義経は、京都の六条堀川邸で白拍子(平安末期から鎌倉時代にかけて行われた歌舞、また、これを歌い舞う遊女)の静と親しんだ。
1185年義経と別れた静は京都に帰る途中、捕えられ翌年鎌倉へ送られた。静は舞いの名人だったので鎌倉八幡宮で、頼朝夫妻に所望されて舞った。そのとき、義経を慕う歌・・「静や静、静のオダマキ繰り返し、昔を今にするもよしみがな」・・・と歌った話があります。

花にまつわる伝説の本より・・・・・抜粋しました。
[PR]
by 117k | 2008-06-12 08:51 | 珍しい花 | Comments(12)

暑くなる前に・・・今年もお野菜でスキンケアーを・・・・
昨年も作ったのですが、毎年・・・青ジソがたくさん芽をだしてくれるので使ってます。

今年の分です・・・・・(シソの葉ローション)
e0041168_10222236.jpg作り方は・・・昨年のブログUPより・・もう一度・・・・e0041168_10331593.jpg














・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ラベンダーも乾燥させて・・枕に入れて・・・・安眠効果を・・・・
e0041168_1027323.jpg

[PR]
by 117k | 2008-06-10 10:27 | 私の雑記帳 | Comments(10)