年の瀬・・・

今日は冬至ですね。南京を食べて、柚子風呂に入って・・・・
元気な毎日を・・・・・

117kのブログへ起こし頂いた皆様に感謝します。
残りわずかの年末・・・クリスマス・大晦日と楽しい日々を過ごされることを願っています。

e0041168_1135731.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
天体ショー・・・予告(資料より)
12月29日・・・南西の夜空(5時すぎ)・・・・
南南西よりに金星・・南西に木星と月と水星がタテに並びます・・・・見れるといいですね。
e0041168_11393421.jpg



・・・・・・・・・来年も良い年でありますことを祈っています・・・・・117k・・・・・・・・
[PR]
by 117k | 2008-12-21 11:45 | 私の雑記帳 | Comments(24)

気分は・・・もうあといくつでお正月・・・・って感じになってきました。
お店では、しめ縄・・お正月用品が目に飛び込んできます。いよいよですね・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お正月に伊勢神宮に参詣される方も多いかと思います。
今日は五十鈴川にかかる宇治橋について少し調べてみました。

五十鈴川にかかる宇治橋は俗界と聖界との掛け橋といわれ、檜の純和風で創られています。その美しさは伊勢神宮の象徴となっており、遷宮の都度架け替えが行われています。
62回式年遷宮(平成25年)では、宇治橋渡始式は平成21年11月3日に行われる予定です。それまでに、仮橋を下流側に作ります。そして、架け替えるとのことです。

e0041168_14574848.jpg宇治橋は長さ101.8m・・巾8.42mあります。地元の一部では、橋の中央部分が少し高くなっているのは神様の通リ道だと云う説があります。冬至の日(12月21日)には、ちょうどその中心線上に日の出が拝めます
神様の通り道・・・・・この説は納得させられますね。

伊勢神宮談では・・・・・
真ん中の高い部分は、構造上の問題とのこと、宇治橋は檜を600枚(左右300枚)を使っていて、右側と左側との木が重なったところを高くして水の流れを良くするため。
ただ、通行の際は、神殿に遠い方・遠い方を歩くとされてます。

伊勢神宮・内宮を参詣する時は右側通行・・・外宮を参詣する時は左側通行になっています。
なるほど・・・・内宮は五十鈴川が右手に・・・・外宮は左手に手を清める場所があります。
他にも説があるそうですが・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
伊勢神宮のご神体について・・・・
内宮(皇大神宮)は天照大御神を御祭神しています。御神体は「やたの鏡」です。この鏡は三種の神器の一つです。

鏡と勾玉と剣・・・が三種の神器です・・・・・・
は・・・・「やたの鏡」・・伊勢神宮
勾玉
は・・・・「やさかにの勾玉」・・皇居の御所に安置されてます。
は・・・・「あめのむらくもの剣」・熱田神宮の御神体です。

鏡は・・・・・・「知」   勾玉は・・・・・・・「仁」   剣は・・・・・・・「勇」  
と云うように三種の神器は三徳を表すと云う解釈もあります。


伊勢神宮・・内宮が現在の伊勢の地にお祀りされて2000年が過ぎました。
現在の神殿になって1300年が過ぎています。

来年も・・・・・お参りしたいと思っていますが・・・・・・117k  
[PR]
by 117k | 2008-12-19 15:44 | 私の雑記帳 | Comments(8)

どら焼き・・・・

今週は比較的に晴れ間が続いてます。掃除や障子の張替え・・・など
頑張って居られる方が多いでしょうね。
お疲れの後には・・・・少し甘い物でも如何でしょうか・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
先日TVで・・・スイーツ好きで有名な「元・横綱 大乃国」・・紹介「どらやき」を食べて見たくて取り寄せました。

↓ この分は・・12個入りで二段がさねです・・・
e0041168_9512715.jpg

e0041168_9515091.jpgなるほど・・と思うどら焼きです・・・・
皮の部分に気泡があり、あんと栗の味が上品です。(気泡のあるのがいいのだそうです)

但し、生菓子なので、賞味期間が3日間・・・取り寄せ後はお早めにお食べ下さい・・

・・・でわ私も頑張って用事をしなくては・・・117k・・・
[PR]
by 117k | 2008-12-16 10:03 | うまいもん・・・ | Comments(12)

京菓子とは・・・・

昨日は今年の世相を表す一文字として・・・「変」・・が選ばれました。
日本はこれからどのように変わるのでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
京菓子について少し調べてみました。

京菓子と云う名称は、江戸時代に関東で呼ばれた呼び方です。京都では朝廷への献上菓子に由来し、上菓子と呼ばれていました。

安永4年(1775)・・菓子屋を248軒に制限する上菓子屋仲間が出来、ますます京都の菓子技術は向上しました。

茶の湯では・・・・・
濃茶用の主菓子(蒸・生菓子)
薄茶用の干菓子(落雁・煎餅・有平糖など)・・・・があります。

京都の町を歩きますと、和菓子のお店が目に入ります。
下鴨神社参詣の帰りに、「豆餅」で有名な「ふたば」 があります。大勢の方が並んでいました。私も3品種ほど購入・・・
                              丹波の黒豆・北海道の赤えんどう・栗入り                                 
e0041168_10125698.jpge0041168_10131355.jpg










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
寺社・街道・関所ゆかりの菓子の一部を紹介です・・・・・・

あぶり餅・・・
今宮神社参道(北区柴野今宮町)
向かい合わせに二軒のあぶり餅の茶店があります。北側が長保2年(1000)創業の「一和」・・・南側が江戸時代から続く「かざりや」

やきもち・・・
上加茂神社門前(北区上加茂本山)・・・・・「神馬堂」(明治4年創業)
「やきもち」は俗称で、神社の神紋にちなんだ「葵餅」という名が正式名称。また、葵屋やきもち本舗は、葵の双葉にちなみ、葵餅と双葉餅の二種のやきもちを作っています。

みたらし団子・・・
下鴨神社門前(左京区下鴨泉川町)・・・・「亀屋粟義
下鴨神社の神食菓子。竹串にさした団子は、初めの1個から少し間隔をあけて、あとの4個が並ぶ・・・・・・何故でしょうか???


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
和菓子も好きですが、冬の京都へ行けば湯豆腐が定番ですが、私は季節限定の「蒸し寿司」を紹介です。
「ひさごの蒸し寿司」・・・お土産にして家で温めたりしてもOKです。
私はお店で頂きました。エッセイストの麻生圭子さんも常連客です・・・・

e0041168_1042474.jpge0041168_1210491.jpg












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
京都の町並みを少し・・・・・(大文字を見ながら・・・)
e0041168_10451864.jpg
e0041168_1046520.jpg












京都の夕暮れ時・・・・
e0041168_1047356.jpg

e0041168_10493213.jpge0041168_10515757.jpg
[PR]
by 117k | 2008-12-13 10:54 | うまいもん・・・ | Comments(14)

今日は少し目先を変えて・・・・映画の町として栄えた「大映通り」を散策です・・・・

千年以上の歴史に彩られた王城の都・京都には数々の伝説や伝承、歴史に関して由来する地名や町名が今も残っています。中々読めない名前ばかりです。
例として・・・不明門通・・一口・・直違橋・・などなど
そのような難しい地名に「帷子(かたびら)の辻」があります。
由来としては・・・
①・・この地は上嵯峨、下嵯峨、太秦、常盤などへの分れ道であった・・・そのみちの方向が北側ばかりに延び、南には道が無く、片側に分岐していたことから「カタビラ」の地名につながったと云われています。

②・・それとは別に、嵯峨天皇の皇后さまである檀林皇后の嵯峨深山谷への葬送の際、棺を履った帷子の衣が風に落ちたところと云う伝えもあります。

その「帷子の辻」は映画の街です。嵐電・帷子ノ辻駅前を少し歩きますと「大映通リ商店街」があります。

e0041168_9415433.jpge0041168_9455310.jpg











e0041168_9463118.jpg

e0041168_9491769.jpg商店街の入り口には、その昔、俳優さんや映画関係者が食事と休憩に行った「食堂・つたや」が今も盛業中です。商店街の中ほどに「三吉稲荷」があり、そこに映画の父「牧野省三」の碑があります。昔、大映京都撮影所であった所(今は、太秦中学校)には、ベネチア国際映画祭でグランプリに輝いた「黒沢明監督・羅生門」のレプリカが置かれています。e0041168_9573059.jpg










e0041168_9531719.jpg
e0041168_9532971.jpg






京都に映画が生まれて今年で100年になります。大映商店街は「キネマストーリー祭」を企画開催して映画をPRしています。

・・・100年前に、京都で初の本格的な劇映画・・本能寺合戦・・がマキノ監督により製作されました・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この映画通リでいろんな話を聞き、そして美味しいつたやさんの昼食を頂きました。


映画ゆかりの地として・・・・
糺の森・・・・・・・・「浪人街」  「華の乱」
鴨川の中洲・・・・「京都迷宮事件」 「パッチギ」・・・この場所は他にもTVドラマでよく出てきます。
[PR]
by 117k | 2008-12-12 10:17 | 街角散策 | Comments(12)

京都散策・・・野宮神社

源氏物語でも有名な神社・・・・今日は少し源氏を振り返って・・・・

e0041168_932938.jpge0041168_9322425.jpg













資料より・・・・
野宮神社(ののみやじんじゃ)
天龍寺の北側、昼なお暗い竹林の中を、細い小道が延びている。その彼方にある「野宮神社」は、平安・鎌倉時代、伊勢神宮に天皇の代理として奉仕する「斎王(斎宮)」が、伊勢に出立する前の三年間を過ごしたところであった。嵯峨野の清らかな土地が選ばれ、黒木の鳥居・小柴垣で囲って斎宮がつくられた。

源氏物語・十帖より・・・・

葵の上の死によって、光源氏にすっかりうとまれてしまった六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)は、娘の斎宮に付き添って伊勢へ下向することを決意した。 伊勢への出発の直前、潔斎のために嵯峨の野宮にいる六条御息所(ろくじょうのみやすどころ)のもとを源氏は訪ねる。

「賢木の巻」・・・・・・別れの場面のところ・・・・
e0041168_9434922.jpg


野宮竹と呼ばれる竹林・・・・
e0041168_9384061.jpg

竹林と紅葉・・・
e0041168_9411795.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・
源氏物語・・千年記ともあって大勢の方が訪れていましたが
竹林の静けさに包まれてしまいます・・・・117k
[PR]
by 117k | 2008-12-10 09:58 | 街角散策 | Comments(12)

昨日の朝は霜がきつくて寒い朝でした。今日は少し温度が上がるそうですが・・・

久し振りに京都へ・・・・・
今年は台風が来なかったので、紅葉の名所は綺麗に染めて最終章をむかえました。

夏でも涼しい場所、京都人の散歩道となっています・・・「糺すの森」(下鴨神社の森)が今、最後の紅葉の場所として人気を呼んでます。

e0041168_10242529.jpg

e0041168_1025316.jpg

e0041168_10263391.jpge0041168_10265125.jpg











e0041168_10293075.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森閑としたなかでの、言われある水で清めてきました・・・・いいことがありますように 117k
[PR]
by 117k | 2008-12-09 10:35 | 街角散策 | Comments(8)

平家伝説・・・・

今日は二十四節気で・・・大雪・・・寒いわけですね。
各地が冷え込んで来ました。

先日UPしました「太郎生・日神不動院」の近くに「平家子孫の墓」があります。

平維盛(たいらのこれもり)の子息・六代が落ち延びて来たという伝説があります。
その子孫の墓・・・・
e0041168_10592254.jpg



この近くでは昔懐かしい冬の里風景がみえます・・・・
e0041168_1114512.jpge0041168_1131777.jpg
[PR]
by 117k | 2008-12-07 11:04 | 街角散策 | Comments(12)

オハツキイチョウ・・・

ポカポカ陽気につられて・・・散策です・・・(12月2日)
津市美杉町のオハツキイチョウ・・・(県指定・天然記念物)
e0041168_857381.jpg
e0041168_8574657.jpg













訪ねるのが少し遅かったようで、イチョウの葉も一面のジュータンとなっていました。
ここは、仲善寺(日神山不動院)・・・真言宗醍醐寺派・本尊不動明王立像があります。
土地の方は「太郎生日神不動院」と云われてます。

種子が葉の上に出来ることから・・この名がついた。
↓ 少し枯れかけた葉がありました。
e0041168_941579.jpge0041168_942820.jpg







イメージとしては・・・
e0041168_97568.jpgこのように綺麗に葉についてます。来年は綺麗な写真を撮りたいですね・・・
[PR]
by 117k | 2008-12-04 09:22 | 珍しい木 | Comments(12)

今日の夜空・・・・

今日の南西の夜空を見ますと・・・・・とても神秘的でした。
我が家からは邪魔する物がないのでよく見えるので、思わずカメラで撮りましたが・・・
残念なことにハッキリと写りませんでした・・・(私が見たのは・・・19時ごろでした)

資料より・・・・
e0041168_19491274.jpg

このように縦に並んで見えます。上に木犀・・真ん中は金星・・・下が月です。
何時までも見たい気持ちになりました。

明日も見れますよ(明日は月が上ですね)・・・・・117k
[PR]
by 117k | 2008-12-01 19:53 | 私の雑記帳 | Comments(18)