御堂筋散策・・・その2

先日は御堂筋の成り立ちをとらえました。今日は少し歴史のことを取り上げてみたいと思います。

梅田・・・「露天神社(お初天神)・・・・e0041168_959978.jpg創建以来1300年の歴史を持つ古社。社伝には「当社は上古、大阪湾に浮かぶ小島に曽根ノ神を祀り御鎮座された」とあるそうです。

この地は大昔は海に浮かぶ小島でした・・・と言われてもピンときませんが、菅原道真公や江戸時代の作家・近松門左衛門(曽根崎心中の話)の方が親しみやすいです。





e0041168_1010890.jpg戦争の爪あともありました・・・(弾痕の跡)













・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
北浜3・・・・適塾(史跡・重要文化財)・蘭学者・緒方洪庵の私邸。江戸時代の町家・・
内部の写真UPは要許可なので説明のみですが・・・
e0041168_10164073.jpg
e0041168_10171241.jpg











緒方洪庵が28才(天保9年・1838年)の時、大阪に出て、瓦町に蘭学塾「適塾」を開きました。その年の暮れに「現在の北浜3に適塾(町家)」を移転・・・
塾生には、大村益次郎・福沢諭吉・大島圭介・橋本左内・・などがいます。
現在の大阪大学医学部設立にも寄与することになった。
「適塾」の一般公開は昭和55年に開始されました。木造2階建てで2階には塾生の部屋があり、ヅーフ部屋(ヅーフ辞書)があります。そこには解体新書が置かれています。初めて目にしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
適塾の西側に・・「昔の銅座跡」・・・今は大阪市立愛珠幼稚園・・・
e0041168_10402512.jpg明治34年に建築した入母屋造りの幼稚園。大阪初の今も現役の幼稚園です。












e0041168_1042013.jpg
入り口には「銅座の跡」の碑が・・・
昔はここで銅の売買を行っていました。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中央区・久太郎4・・・南御堂の中にある「芭蕉終の句」・・・
「旅に病んで ゆめは 枯野をかけ廻る」・・・・

e0041168_10534238.jpg元禄7年(1694年)10月に、寺の門前にある花屋左衛門宅で51才の生涯を閉じた。









e0041168_1059830.jpg今は御堂筋の東グリーンベルトに「芭蕉終焉の地」として存在します。












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
大丸・心斎橋店・・・
e0041168_11472191.jpg












e0041168_11475492.jpg米人・ヴォーリスが設計した建物・・・
1Fエレベーターホールの装飾にアールデコ調が残る。
ヴォーリス(メンタム創設者・建築家)・・日本に多くの建物を残しています。








e0041168_1153114.jpge0041168_11533426.jpg

















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
寄り道として・・・・・
四つ橋
四つ橋交差点のあたり、長堀川(東西)と西横堀川(南北)が交差して流れ、四つの橋が架かっていた。
今は、昔を偲ばせる橋の四つが復元されてます。
e0041168_11284314.jpg














昭和36年(1961年)から45年に二つの川が埋め立てられた。今では、地名だけが残る。
e0041168_11304378.jpge0041168_1131712.jpge0041168_11314966.jpg







e0041168_11344623.jpg上繁橋・下繁橋・吉野屋橋・炭屋橋の四つの橋を復元・・・「涼しさに 四つ橋を 四つわたりけり」・・・小西来山
[PR]
by 117k | 2009-10-31 11:58 | 街角散策 | Comments(12)

御堂筋散策・・・その1

大阪人には「御堂筋」は生活道路ですが・・・・その御堂筋のまだ知らない部分や歴史的な部分を歩きながら勉強です。

e0041168_9335033.jpg

大阪市長・関一氏が御堂筋の拡張工事と地下鉄・御堂筋線着工工事を昭和元年にスタートしました。

その御堂筋は江戸時代には「淀屋橋筋」と呼ばれ道幅6mほどの道路でした。
工事が完成すると、道幅44m・・全長4027m・・全6車線の堂々たる大動脈に・・・
多くの市民は飛行場でも作るんかいな・・・と工事を見守ったと云われています。

そして、工事が完成すると名称も「淀屋橋筋」から「御堂筋」に変えた。
これは今回の工事で「北御堂」と「南御堂」が並んで建ったことからと云われています。

e0041168_9521997.jpge0041168_9523236.jpg










余談ですが・・・・
大阪商人は「御堂はんの屋根の見える所(船場)で店を構えるのが夢であった」と云われる。

御堂筋は正式には・・・国道25号線(新道~難波)と国道176号線(梅田~新道)です。

建物の高さは百尺(30.3m)に制限をされていたが1995年から緩和された。
今のように一方通行になったのは1970年の大阪万博を機に変更された。
   ↓ 大丸梅田店・改装工事中・・                                 e0041168_1011046.jpge0041168_1014010.jpg











                                    ↓ 牡蠣船・・・
e0041168_1024518.jpge0041168_1044533.jpg












e0041168_1051353.jpge0041168_1053239.jpg












↓ 今、TVドラマで放映中山崎豊子著・「不毛地帯」に関係する建物です・・・
e0041168_106504.jpge0041168_10781.jpg










御堂筋には銀行が多いのも特色です。大阪市内には都市銀行と地方銀行を合わせて約400店舗の銀行があると云われています。実に半分近くの銀行が御堂筋周辺にあります。
                   日本銀行・大阪支店
e0041168_10312316.jpg




御堂筋の名物は・・イチョウ並木・・・900本のイチョウの大木が御堂筋を緑や黄色に染めます。

さらに・・・舗道のアートも見逃せません。土佐堀通りから長堀通りまでの舗道の両サイドに26体の彫刻作品が点在します。それはロボやロダン、ルノワール、高村光太郎・・・・など世界的な彫刻家の作品が並んでいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
時間がありましたらゆっくりと4kmを散策しながら歩くのもいいですよ!

次回は・・・また違った目で見た御堂筋をUPしたいと思っています・・・・117k
[PR]
by 117k | 2009-10-27 10:40 | 街角散策 | Comments(14)

もと球場跡へ・・・

昨日は「東北・楽天」の田中投手(マークン)の頑張りで日本ハムに勝ちましたね・・・・
野村監督もごきげんでした。

大阪球場跡・・・・
その野村監督さんがキャッチャー&バッターとして、また監督として大活躍をした南海フォークス(今はソフトバンク)に変わりましたが・・・・その球場跡を散策・・・

場所は・・・・南海パークス・・・・・e0041168_1164142.jpge0041168_1174828.jpg













大阪球場跡を南海電鉄が開発(2年前)した商業地区。240店舗や球場でのピッチャーマウンドとキャッチャーのホームプレートの位置跡にメモリーがあります。
近くで見ると結構距離があり、野球を観戦すると想い出しますね。

メモリーの上を人が歩いて行きます。これもまた珍しいですね・・・
e0041168_11144065.jpge0041168_1120481.jpg
















e0041168_11212744.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
難波駅・・・・ロケット広場も・・・・今は・・・・・
NAMBA GALLERIA(ガリレア)にこの程かわり、ロケットが撤去されました。
昔は、この場所での待ち合わせる人が多かったのですが、今は携帯でその必要性が無いとのことです。
天井の明りを取り入れて広い空間の場所に・・・(少し淋しい感じです)

e0041168_11313122.jpge0041168_11315360.jpg←ロケットがあった場所・・・














e0041168_11323376.jpg

                                       










野球場跡近くに有名な蕎麦屋さんがあります・・・・・・・芦生
寒ざらしの蕎麦で・・・・田舎そばが人気です。
e0041168_11523912.jpge0041168_1151667.jpg
[PR]
by 117k | 2009-10-24 11:41 | 街角散策 | Comments(10)

すみよっさん・・・

大阪を代表する神社は「住吉大社」・・・・
毎年、年末年始には200万人もの人がお参りします。住吉大社を大阪の人は親しみをこめて「すみよっさん」と呼んでます。
その「すみよっさん」には、、赤い反橋(太鼓橋)があります。
昔お参りに行き、この橋・・・を渡ったこと等々が蘇ってきました。
e0041168_1011168.jpge0041168_10114510.jpg










e0041168_10232590.jpg← 真正面にあります反橋(太鼓橋)・・只今工事中・・・
この太鼓橋のことを川端康成が小説「反橋」に「おりる方がこわいものです」と書いています。
今回訪ねますと残念ながら架け替え工事中でしたが、国宝に指定されている本殿四棟に手を合わせてきました。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昔話ですが・・・・・
江戸時代初期までは住吉大社の西側は海岸線(住吉浦)であったと云われています。今も燈台や高灯籠が残っています。
その海に向かって四つの神殿は建っていたそうです。。住吉大社は海の神様、住吉三神を祀っています。本殿は神社建築史上、最古の様式で「住吉造」と云われています。
特徴は・・・・・建物の色彩・屋根の形(切妻)・直線型の出入り口・・等々にあると云われています。

住吉大社の行事として・・・・
平成21年12月5日・・・49回式年遷宮    
平成23年5月12日・・・御鎮座1800年記念大祭
e0041168_10412853.jpge0041168_1041487.jpg










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お参りの後は・・・・・どら焼きが美味しくて有名な「喜久壽」により、住吉散策は終わりです・・・・

次は・・・???
[PR]
by 117k | 2009-10-22 11:04 | 街角散策 | Comments(6)

本の紹介です・・・

森まゆみの大阪不案内・・・・・・森まゆみ著

e0041168_93127100.jpg芥川賞作家の庄野潤三氏が亡くなったと先日の新聞・訃報欄にありました。
今、読んでいる本「森まゆみの大阪不案内」に潤三氏の弟・至さんが出てきます。
その本に、森さんの問いに至さんが答えています。

「父の貞一は帝塚山学院の創設者と言われていますが、徳島の田舎から出てきて、帝塚山に住み、そのうち久保田鉄工・高島屋・大丸などの社長や船場の旦那衆が、いい学校を作ろうとした時、父に白羽の矢が・・・・
父はヨーロッパ視察を条件に引き受けた・・・・」

「父の教育方針ですか・・・ただ放っておかれただけですが、日記だけはつけろと言われて・・・。日記の成果か、長男英二は児童文学賞を、次男潤三は芥川賞作家、私は放送局で製作をし、随筆を出しました。」

「母親は徳島の貧乏士族の出で、ぱっとしないくせに士族の誇りは持っていました。父は養子ですし・・でも子供は七人も産み、女中も雇わずに朝から晩まで働いて・・・」

「私はカレーが好きなんですよ。母が作ってくれた唯一の洋食で、一年に3回くらいの大ごちそうでした。」

「帝塚山は昔とは随分かわりました。佐藤紅録・鶴岡一人・大屋政子・・・・が住んでいました。」

・・・・・・・・・・・「大阪不案内」から抜粋しました・・・・・・

私も一度、帝塚山を訪ねてみたいと思いました・・・・・・117k
[PR]
by 117k | 2009-10-20 10:01 | 興味本・・・ | Comments(6)

うまいもん物産展・・・

このほどMBSテレビ「ちちんぷいぷい・秋のうまいもん物産展」が開かれました。
番組10周年を記念しての全国物産展・・・

場所・・・阪神百貨店・8F特設会場
開催日・・・10月14日~20日

e0041168_8504617.jpge0041168_851491.jpg










e0041168_9154864.jpge0041168_9161551.jpg











毎年、阪急デパートにて物産展を開いていましたが、今回は場所を阪神デパートに移して、20の売り場を設け大々的に開催され、会場は超満員の人出・・・
5人のセェフ(和・洋・華)が腕を振るった人気の「ぷいぷい弁当・・千円」は毎日1000個が30分で売り切れ・・・・

e0041168_8581082.jpg目玉としては、北海道「花畑牧場」が出張販売・・・
長い行列が出来ていました。初日には田中オーナーも売り場に立っていました。


その他のブーツには「中之島バーガー」・「四天王寺・西むら・伝統漬物」・「増冨商店・一夜干し」・「みや天・さつま揚げ」・「皇朝・肉まん」・「和田萬・黄金の香りごま」・

「大和屋敷・海鮮ちらし」・「ソネット・ドーナツ」・「あさ田・なす麻利漬」・「北朗・湯葉佃煮」・「大仏プリン」・・など
またこの場所にて、コロッケやカレーライスも食べられます。美味しいとのことです・・・
e0041168_9191892.jpg
番組人気司会者の角さんや西さん(左・写真)も会場に顔を見せていました。。また、番組中内で中継もしていました。

毎月(月~金)・・3時ごろから6時までのTV放送「ちちんぷいぷい」・・・
気楽な情報番組として人気があります。
私も時々は見ています・・・・・・その番組の「秋のイベント」を訪ねました・・・・・・






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今の阪急デパート・・・・大きくなりますね(内部は工事中)
e0041168_927940.jpg

[PR]
by 117k | 2009-10-19 09:39 | うまいもん・・・ | Comments(12)

11日に投稿しました「行者橋」・・・・その2

↓ 土木学会掲載のお渡り風景・・・
e0041168_1436542.jpg千日回峰を行う行者も「京都大廻り」の中で、百日かけて京都市中を歩きます。その時にこの橋を渡るそうです。









行者橋の架かる白川は京都らしい川です・・・側には辰巳神社(写真左)と巽橋(写真右)
e0041168_14442987.jpge0041168_14445125.jpg














・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今回は京都のお蕎麦を・・・・・

10月16日にレストランの格付け本「ミシュラン(仏タイヤ会社)ガイド京都・大阪」が発売されます。

昨日のテレビニュースでも「もう格付けなんかイランわ」とか「単にガイドブックと考えたら・・・」とか意見が分かれていますね。少し気にはなりますが・・・・

意外と京都にはお蕎麦の名店があります。和食&おばんざいに京都を求めてしまいますがヘルシーで身体にも良いお蕎麦に最近は凝ってます。

今回は蕎麦の超有名店にお邪魔してきました。
本家・尾張屋 蕎麦の老舗(1465年創業) 挽きたて、打ちたて、湯がきたてのお店・・・・
蕎麦菓子も有名です。
↓ 蕎麦の尾張屋・・・                   ↓ 蕎麦菓子・尾張屋・・・・   
e0041168_1543251.jpg
e0041168_1572793.jpg













・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
レトロな喫茶店で一休み・・・・
南座にも近く、この店は舞妓さんも行くそうです・・・
e0041168_15123117.jpge0041168_15124748.jpg今回も楽しい時間を過ごしました・・・
[PR]
by 117k | 2009-10-14 15:18 | 街角散策 | Comments(12)

行者橋・・・

京都・・・・東山区・古川町通り三条下るに古川町商店街があります。
テレビドラマ「京都地検の女」で主役の名取裕子さんが、この商店街で撮影されてます。
今は、少しシャッター通りになっていますが・・・・・・

この古川商店街を南に突き抜けると「行者橋」・・・(一本橋・正式には古川橋)があります。
巾60cm・長さ12mほどの石橋。
比叡山の回峰行を行う行者がこの橋を渡ることから名前が付けられました。
つい最近も、千日修行を33才の僧が達成されました。

e0041168_949534.jpg

e0041168_9492550.jpg


古川町商店街・・・・
e0041168_9505632.jpg

e0041168_9513319.jpge0041168_9515824.jpg










e0041168_95356.jpg ← あまり見かけないカボチャ・・・
  面白いですね。
[PR]
by 117k | 2009-10-11 10:00 | 街角散策 | Comments(18)

昔を今に・・・

いやですね・・・・台風18号が明日、四国南端から・大阪?和歌山??へ上陸しそうな気配です。
このコースはいずれにしても、私の住んでいるところには影響があります。
今から、明日の為に物が飛ばないようにしたいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
地元・名張市で6件目(写真館1件・簗瀬宿4件)となる「国登録有形文化財」に和菓子店「大和屋」の店舗建物が文部科学相に答申されました。

初瀬街道に面した江戸時代(創業1853年)の建物
・・・・・
しっくい壁の2階建て瓦葺の上に採光の為の小さな屋根(虫籠窓)があり、何といっても昔から残されている中で・・・4間半の梁(1間・・6尺・・約1.82m)があります。
e0041168_9591398.jpg

e0041168_9595414.jpg ↑ 目の前でこの梁が見れます。江戸時代からの物と聞きますと驚きです・・

← 虫籠窓・・採光や風通しにはよく考えられた窓ですね・・・









e0041168_103831.jpg← 名張に最初に設置された公衆電話(約100年前)がまだありました。昔の家財道具は、ほとんどが「伊勢湾台風」でなくなったそうです。残念なことですね。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
和菓子といっても「羊羹」1本で江戸時代から今日まで商いを続けてこられました。
機械化にはせず、手作り羊羹を守っています。

田舎の町に・・・・・またひとつ名所が出来ました・・・・・・・手作り羊羹と共に・・・・
[PR]
by 117k | 2009-10-07 10:16 | 街角散策 | Comments(6)

忍者といえば・・・伊賀  忍者の武器といえば・・・・手裏剣

青空の下、第一回・・手裏剣打ち決勝大会(10月4日)が伊賀市忍者博物館広場で行われました。
決勝大会には、9月26日・29日の両日に予選を通過した30名が挑戦しました。
優勝景品(純金製・手裏剣・・15万円相当)を目指して激しい闘いが繰り広げられました。

競技は忍者衣装を着用し、直径30cmの的に5~6m離れて手裏剣を5枚命中させる。
出場から退場までの間の礼式を含む作法と九字護身法を唱える・・・・なども採点に入る。
(九字護身法・・・臨 兵 闘 者 皆 陣 列 在 前 )

決勝大会では、朝8時過ぎより選手が集まり、肩慣らしの練習に汗を流し、本番ではパフォーマンスも取り入れ拍手喝采を得ていました。

甲賀流伴等21代目・宗家の川上仁一大会会長らが忍術を披露され、その後大会が始まりました。

e0041168_10442735.jpge0041168_10451156.jpg

















e0041168_1046487.jpge0041168_1047268.jpg













大会は15時に無事終了・・・・
1位~3位と特別賞3人の計6人が選ばれました。NHKや地元テレビ局・新聞社のメディアの姿も見かけられ
大盛況のなか終了しました。
e0041168_104849.jpge0041168_10482160.jpg













・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最近では、忍者の好きな子供さんや、外国の方にも人気がありますね・・・・
私も、忍者のルーツは興味があります。楽しい一日でした・・・・・
[PR]
by 117k | 2009-10-05 11:03 | 街角散策 | Comments(14)