春の天気は三日とは続かないと云わていますが・・まさに
昨日は好天気でしたが、今日は雨・・雨・・・

この春、新しく増えました木々・・①ユーカリ②ミモザ③ジャスミン(羽衣)
ハーブ・①オーデコロンミント②ミントブルー③ミントブッシュこれらは香りがいいですね。④オレガノ⑤ローズマリー(以前剪定しすぎて枯れてしまい再度入れました)
これらは料理に使えますね。

少し解らない分と育てるのが難しいとされる①フランネルフラワー②ライスフラワー
ハーブもそうですが暑さや雨により蒸れないようにしないと枯れる苗・・

いずれも先ずは鉢植えで大きくしてから地植えを考える方がよさそうです。
e0041168_09341260.jpg
e0041168_09342379.jpge0041168_09343457.jpge0041168_09344770.jpge0041168_09351619.jpge0041168_09354225.jpg
e0041168_09353182.jpg

[PR]
by 117k | 2015-04-19 10:01 | Comments(2)

春ですね・・・たけのこ

e0041168_17164243.jpg
春の野菜と云えばエンドウマメやタケノコですが、今日お隣さまより湯がいたタケノコを頂きました。焼筍のもろみみそがけで頂きます。

ミニガーデンでは、夏野菜(ミニトマト・赤とオレンジ色)・ピーマン・シシトウを植えて収穫が楽しみです。
e0041168_17173036.jpg


[PR]
by 117k | 2015-04-18 17:21 | Comments(0)

気になる本・・・

私の好きな街・・「金沢」
この度「五木寛之著・金沢さんぽ」が発刊されました。
二度ほど行ったのですが、まだまだ知らない街でもあります。この本を読み心に残る点を抜粋しいたいですね。

ネットより引用・・・・
e0041168_09490437.png

内容紹介(ネットより引用)

《もう一つの故郷》かつて移り住んだことのある金沢。その伝統の街の陰影を、旅行者の視点と居住者の視点の両方を踏まえて描く。兼六園あり、犀川・浅野川あり、内灘あり。加賀百万石の城下町は、いまも息づいている。/《古い街、新しい風》浅野川に沿う古い街・主計町には「くらがり坂」という坂がある。そばの金沢文芸館には「五木寛之文庫」がある新しい建物。海沿いに足を延ばせば、北前船で活躍した加賀商人の栄華の跡がうかがえる。/《ふりむけば鏡花》金沢では三文豪という言葉がよく聞かれる。徳田秋声、室生犀星、泉鏡花の三人だ。特に泉鏡花の仕事は魅力的で、浅野川の下町的文化に育まれた世界とも言える。三文豪の記念館もそろっている。/《加賀百万石の面影》金沢の人たちは加賀百万石の城下町ということを誇りにしている。前田利家という戦国武将が進駐してからの歴史でもある。地名の由来は、砂金を洗った「金洗沢」と呼ばれた泉の名前に由るらしい。/《北陸ひとり旅》一時期住んでいたこともある金沢。著者はいまでも泉鏡花賞などで頻繁に金沢を訪れる。その途次には「内灘」など日本海の風景があり、夜行寝台列車「北陸」のことも忘れがたい。富山土産は「鱒寿司」がいい。

[PR]
by 117k | 2015-04-05 09:51 | Comments(2)

桜の見ごろ・・・

今頃の雨は「花雨」とか「催花雨(さいかう)」とか使われます。雨が花に早く咲くように促す雨…(一般的には菜種梅雨)
今日は最高の花見が出来そうな日ですね。明日からは又雨が降りそうで・・・

再度家の前の桜路を写しました。青空のもと綺麗に咲く5分咲き~7分咲きの桜
お茶しながら部屋から見る桜も風情があります・・・
e0041168_07250434.jpg
e0041168_07254849.jpg
e0041168_07252766.jpg




[PR]
by 117k | 2015-04-02 07:28 | Comments(2)

桜の開花・・・

今日から四月・・・心新たに・・・
菜種梅雨のなか家の前の桜が開花しました。
伊賀地方は夜は涼しくて何時も開花が遅いのですが、今年は少し早いように感じます。
雨のなか咲こうとする桜・・・思わずシャッターを切りたくなりました。
もう少し経ちますと桜通りになるので、また、写したいと思います。

さまざまの事おもひ出す桜かな・・・芭蕉
e0041168_07575575.jpg


[PR]
by 117k | 2015-04-01 07:58 | Comments(2)