心に・・・・

秋雨の合間の晴れ・・気分も爽快です。

今朝のY新聞に I焼酎の広告の掲載の中で書かれていた文章が気になり本からの抜粋なのかどうなのかを調べたのですが不明、でも私の心に残りました。
              
その文章とは・・・  ↓広告の中で使用された写真です
e0041168_10391456.jpg
         
        なぜこの道を歩いてきたのか・・・・
        目を閉じて みつめる。
        立ち止ったまま 遠くへ旅立つ
        誰かのためではなく・・・
        何かひとつ
        あなたの心に残したい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
やや感傷的に読む私なんでしょうが、この重たい文が心に・・・・・・
誰かのためではなく~あなたの心に残したい・・・・のところが好きなんです。
私の理想もこうでありたい。
e0041168_10334898.gif

[PR]
by 117k | 2016-09-25 10:15 | Comments(2)

秋分の日・・・

今日は昼と夜の時間が同じですね。
明日からは段々と夜が長くなり個人それぞれの夜の過ごし方で楽しまれることでしょう。

この時期になりますと田畑の傍には彼岸花(曼珠沙華)が咲き乱れる光景が目に浮かびます。
それと同時にお墓参りに行きますが、主人並びにご先祖様への気持ちが春以上にこみ上げてきます。
イメージ写真・・・
e0041168_8262926.jpg


彼岸花も赤・白・黄色と有りそれぞれの色別の花言葉が・・・
白色:思うはあなた一人/また会う日を楽しみに
赤色:情熱/独立/再開/あきらめ/悲しい思い出/思うはあなた一人/また会う日を楽しみに
黄色:追想/深い思いやりの心/悲しい思い出
どの色を見ても激しい心の様が伺えますね。
子供の頃何故か彼岸花が怖かった時期が有りました。特に赤の群生はすごく迫力があって迫る何かが感じ取れたかのように・・・・
e0041168_8354995.gif

[PR]
by 117k | 2016-09-22 08:36 | Comments(2)

季節のお届け物・・・

「立待月」(たち待ち月)・・・・
十五夜が過ぎて二日め(17日)を云う言葉なんですが、日本にはその時その時の風情ある言葉が満載ですね。月の出るのが遅くなるにつれて月を見るのに云い方が変わります。

18日を居待月(いまち月)・・19日を寝待月(寝待ち月)・・20日を更待月(ふけまち月)と
月の出るのを待つ動作をこの様な云い方で表現しているそうです。

・・・・・・・・・・
今が旬・・・・
奈良県の梨も有名で娘の嫁いだ先の義母さんのお友だちの方の梨園より義母さんが贈ってくれました。サイズはキングサイズです。季節を満喫させて頂きます。
e0041168_2058013.jpg


・・・・・・
梨は昔から百薬の長と言われるように特に豊水は、さまざまな薬効があり風邪で熱があり、のどが渇くときに梨を食べると熱を和らげ、同時にのどの渇きにも。また2日酔いでのどが渇き、体がほてる場合にも良いそうです。。さらに消化酵素が食物の消化を助け、肝臓の負担を和らげてくれるため、日頃からお酒を飲む機会の多い人にはおすすめです。高血圧症のかたには、梨に含まれるカリウムが体の中からナトリウムの排出を促進してくれますし、微量のアスパラギン酸が疲労回復にも効果があります。さらに、豊水に含まれるソルビトールは、人体に入ったときに急速に血糖値があがらないという特徴があるため、糖尿病の人にもいいそうです。

知らなかったですね。この様な効能が有るなんて・・・・・
この秋は食べて元気になりたいですね。
[PR]
by 117k | 2016-09-17 21:04 | Comments(2)

秋思・・・

晴れた空を見上げますと秋を感じ、それぞれの人の心模様が・・・・・
秋の物思いにふける季節、その様な心の表現として「秋思・しゅうし」が使われます。
ふと出かけたくなる秋には芸術を観に行かれては如何でしょうか・・・・

画家長船氏の作品展が始まります。
大阪に於いて・・第76回・関西美術文化展 2016...9月14日~19日 大坂市立美術館にて
e0041168_8555622.jpg


東京に於いて・・第3回・響展 2016...9月26日~10月1日 東京銀座・ギャラリー暁にて
e0041168_9185488.jpg

e0041168_9214250.jpg



何時も乍らの繊細な人物画の作品をご覧になって下さいませ。
e0041168_910534.gif

[PR]
by 117k | 2016-09-10 09:11 | Comments(4)

連日の蒸し暑さの中、庭の果実も一歩ずつ実っています。

柚子とミカンを植えてから10年は経とうとしています。ミカンは早目に実ったのですが、柚子は中々実らないので悩みの種でしたが・・今年やっと出来ました。嬉しい限りです。

世に云う・・・桃・栗三年・・柿八年 とはよく云ったものですね。
ちなみに柚子は七年かかるとされています。年を増して忘れた頃に実をつける様なものですが、見た瞬間は嬉しい出来事です。
e0041168_825299.jpg

専門家の説明より・・・
ユズが実を付けるには7年以上かかるのが普通です。
春先に幹を中心にして幹の直径の5倍を半径とする円周を描き、円周に沿って剣先スコップを垂直に踏み込んで外に伸びる根を切ってやると来年には花芽を付けるでしょう。
肥料は11月~3月初旬までの寒い時期は決してやらないことです。この時期にやると著しく根を傷め枯死することもあります。
日陰はそれほど問題にはならないと思います。意外に日陰には強いです
・・・・・以上の回答でした。来年こそは???

ミカン・・・
e0041168_8321256.jpg


今度はミカンを甘くする方法を勉強しないといけないです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by 117k | 2016-09-05 08:33 | Comments(4)