伊賀市・種生散策・・・・その2



服部土芳(俳人)
は1698年9月にこの地(種生)を訪ねています。

「月添ひて かなしさこほる 萩すすき」・・・・の句碑があります。
e0041168_10104873.jpg


土芳の師・松尾芭蕉が逝ってしまった淋しさを、その後土芳がこの句にこめて詠んだものです。秋の様子がでていますね・・・
この句碑は大正13年に建てられました。

この帰り道に・・・・垂園の森へ寄って帰りました。
垂園の森は以前UPしました・・・もう一度・・・・
[PR]
by 117k | 2008-09-07 10:25 | 街角散策